ページ内を移動するためのリンクです

ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

マブチモーターは、経営基軸の中で「人を最も重要な経営資源と位置付け、仕事を通じて人を活かし、社会に役立つ人を育てる」と掲げ、海外拠点も含め、社員としての基本的権利を尊重し、社員一人ひとりが自己実現、自己成長ができ、働きがいを感じられる職場づくりに積極的に取り組んでいます。

ファミリー・フレンドリー施策

社員がやりがいや充実感を持ちながら働くとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じた働きやすく、多くの社員が長く働くことができる職場環境づくりを推進しています。充実した各種休暇制度があり、職場の理解を得た取り組みにより、高い育児・介護休業取得率を継続しています。今後も、ライフスタイルの多様化に対応しうる施策を実行し、各人がワーク・ライフ・バランスを実現できる仕組みづくりと働きがいのある職場環境の整備を進めてまいります。

「仕事と介護を両立できる職場環境」に取り組む企業として
「トモニン」を取得

仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業として、厚生労働省より「トモニン」を取得しました。
親や家族などの介護のために、やむを得ず仕事を辞める介護離職が増加している社会的な課題解決に向けて、今後も仕事と介護を両立できる職場環境の整備を継続して行ってまいります。

次世代認定マーク「くるみん」の取得

次世代育成支援対策推進法(※)に基づき、一般事業主行動計画を策定し、計画に定めた目標を達成して一定の基準を満たした企業は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。
今後も、次代の社会を担う子どもたちの健全な育成を支援すべく、仕事と子育てを両立できる職場づくりを継続してまいります。

  • 「次世代育成支援対策推進法」は、次世代を担う子どもが健やかに生まれ育成される環境整備のために、企業等による仕事と子育ての両立支援の取り組みを促進することを目的として、2005年に施行された法律です。

「カエル!ジャパン」キャンペーンについて-仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進のための国民運動に賛同

当社は、残業時間削減の取り組みとして月、水、金曜日の"ノー残業デー"に加えて、社員の生活習慣病の予防・改善を目的とする「健康増進の日」を月に4日設定し、17時に一斉退勤することを徹底しています(早くカエル)。
また、全社員が有給休暇を年10日間以上取得できるようマネジメント層の教育を行うとともに、テレワークやサテライトオフィスの導入などにより職場環境を整備し、効率的な働き方を実践しています(働き方をカエル)。
合わせて、改善提案活動を積極的に推進し業務を効率的に見直すことにも取り組んでいます(意識をカエル)。

千葉県の「社員いきいき!元気な会社宣言」に参加

当社は、法令を上回る内容の育児休業期間設定及び子育て中の社員の時短制度の導入などをはじめとするファミリー・フレンドリー施策を推進し、千葉県の「社員いきいき!元気な会社宣言」にも参加しています。

働きやすい環境づくりにむけて

  • 育児休業(3年)・介護休業(1年)
  • 育児・介護休業中の自己啓発支援
  • 配偶者出産時休暇制度:取得率100%
  • 不妊治療のための低利融資制度
  • 育児・介護のための勤務時間短縮や所定外労働免除などの措置の導入
  • 有給休暇取得促進
  • 福利厚生施設の充実

など