ページ内を移動するためのリンクです

ダイバーシティ

マブチグループは、ダイバーシティを積極的に進め、社員が国や地域に限定されることなく、世界中で活躍できる環境の構築に取り組んでいます。当社は以前から国籍や性別を問わない採用・登用を行ってきましたが、近年更に力を入れ、社員全員がグローバル感覚を持つことで、それぞれの特徴を活かし、新しい価値を生み出すことを目指しています。

「第3回日経スマートワーク経営調査」3.5星に認定

当社は、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する「第3回日経スマートワーク/Smart Work経営調査」において3.5星を獲得いたしました。

*本調査は2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現、新規事業などを生み出す体制、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、企業統治など経営基盤も加え、星5段階で評価されます。

「多様な人材活躍」の取り組み

当社が目指すダイバーシティの実現に向けて、様々なバックグラウンドをもった人材が活躍できる環境づくりに取り組んでいます。

  • 女性・外国籍役員の登用

    この度(2020年1月)、内閣府が発行したリーフレット「女性活躍とSDGs~サステナビリティの実現に向けて~」によりますと、全上場企業(3,740社)のうち、女性役員比率が10%を超える企業は887社あり、当社もリストに掲載されています。
    当社は今後も、社会とともに男女共同参画社会の形成の促進に努めてまいります。

    【実績】当社は、女性2名(うち1名は外国籍)の取締役を登用しております。(2020年3月末現在)

  • 外国籍社員の活躍推進

    グローバル感覚をもった人材を積極的に採用しており、数多くの外国籍社員が本社で活躍しております。海外拠点現地の社員も、短期実務交流や各会議を通して本社と連携し、グローバルな活躍をしています。また、社員のみならず、インターンシップも実施しており、毎年海外の大学生を積極的に受け入れています。

    【実績】本社外国籍社員数:26名(2019年12月末現在)

  • 女性社員の活躍推進

    女性の管理職登用拡大を目指し、女性のキャリア開発支援を積極的に行っています。
    施策例:女性管理職・管理職候補者のキャリア採用、女性社員を対象としたロールモデルの設定、ライフイベントによる不利のない能力重視の選抜、女性社員を対象とした研修会など

    【実績】本社女性管理職:7名/全管理職の6.4%(2019年12月末現在)
    【実績】本社女性正社員新卒・キャリア採用数:15名/全採用数の24.5%(2019年度)

  • 多彩な人々の活躍を支援

    「仕事を通じて人を活かす」ことを目指し、障がいや病気がある方も、個人の能力と適正に応じた雇用の場に就いています。就業時間の柔軟な設定や、施設のバリアフリー化、および管理職教育などを行うことで、いきいきと働ける職場を創設しています。

    【実績】本社障がい者雇用率:2.83%(2019年12月末現在)