ページ内を移動するためのリンクです

CSR調達

紛争鉱物への対応方針

コンゴ民主共和国及びその周辺諸国で採掘されたタンタルタングステン金などの鉱物の一部は地域住民に対し非人道的行為をはたらく武装勢力や反政府組織の資金源になっていると考えられており「紛争鉱物」と呼ばれています。
当社は、人道的な観点から、上記の勢力への資金源を断つことを目的とする米国法制の趣旨に賛同し、お取引先様との連携により、サプライチェーンの透明性向上を図り、人権侵害を行う集団を利することのない鉱物の調達を目指しています。

グリーン調達

マブチモーターは、製品の原材料・部品などをお取引先様から調達する際に、法令、規制、お客様要求に加え、当社独自の基準を設け、この基準に定められた環境禁止物質について厳格に管理運用を行い、環境負荷が小さい部材を優先使用しております。
また環境マネジメント規格であるISO14001の認証を取得したお取引先様から優先して調達することも考慮に入れております。

マブチモーターグリーン調達システムの概要

グリーン調達フローチャート

原材料の資源採取から、製造・加工、流通・販売、消費・使用、廃棄・リサイクルにいたる製品ライフサイクルにおいて環境負荷の少ない製品の開発に取り組むためには、自社だけの環境保全活動では十分とはいえません。そこで、お取引先様の各種環境への取り組み状況も評価し、お取引先様とともに、環境負荷の低減や環境リスクの回避を図っています。
上図のように、お取引先様には、グリーン調達活動を実施のうえ、環境活動調査表に加えて、部品・材料に環境禁止物質が含まれないことを保証する書類を提出いただいています。
必要に応じて「グリーン調達説明会」を開催するとともに、お取引先様の環境負荷物質の使用・保管状況を確認するための環境監査も積極的に実施しています。2015年度は、約50社のお取引先様に対する環境監査を実施しました。
日常のお取引先様とのコミュニケーションや、環境負荷物質の使用・保管状況の監査活動を積極的に行うことで、2006年の欧州RoHS指令の施行から現在に至るまで、環境クレームは発生しておりません。
今後も、お客様、お取引先様とともにグリーン調達活動を進めていきます。

グリーン購入の推進状況

事務用品

環境に配慮した商品を社内標準品として登録

本社では文房具、事務用品などについては、エコマーク認定商品などの環境に配慮した商品を社内標準品に指定し、購入しております。

オフィス什器・備品

グリーン購入法適合商品を優先的に購入

OA機器やオフィス家具類は当社から取引先に「環境保全のお願い」として環境に対する取り組みを説明し、グリーン購入法適合商品等を優先的に購入しております。

社用車

電気自動車の選定

営業車などの一般車両はガソリン車から電気自動車や電気併用車(ハイブリット車)への切り替えを行い、トラックなどの大型車については車両入れ替え時に低排出ガス/低燃費認定車を選定しております。