ページ内を移動するためのリンクです

社長メッセージ

株主の皆様へ2020年12月期第3四半期の営業概況と通期の見通し

代表取締役社長 CEO 大越 博雄

2020年12月期第3四半期の営業概況

当第3四半期連結累計期間(2020年1月1日~2020年9月30日)における世界経済は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞等の影響により、大幅なマイナス成長となりましたが、期間後半より一部に回復の動きが見られました。米国経済は、マイナス成長となりましたが、個人消費の回復を背景に景気の持ち直しが見られました。欧州経済は、第3四半期に入り再び新規感染者数が増加傾向となり、景気の回復は限定的なものとなりました。我が国経済は、輸出の持ち直しが持続した一方で、個人消費の回復ペースは鈍化し、期間全体では大幅なマイ ナスとなりました。新興国経済は、全体としては大幅なマイナス成長となりましたが、各国の回復度には強弱があり、先行して経済活動を再開した中国では景気の回復傾向が持続しました。

当社グループの関連市場におきましては、自動車電装機器市場は、欧州市場の回復は限定的なものにとどまった一方で、北米市場は底堅く推移し、中国市場も回復が持続しました。民生・業務機器市場は、世界的な市場の減速に加えて、一部の用途で市場縮小が継続したものの、欧州市場において回復の兆しが見られました。

このような景況下、当社のモーター販売実績は、数量で前年同期比19.4%の減少、金額では前年同期比18.8%の減少となりました。また、8月に修正いたしました第3四半期連結累計期間の販売計画に対しては、数量で4.8%の増加、金額で6.0%の増加となりました。これらの結果、当第3四半期の売上高は812億4千9百万円(前年同期比18.8%減)となり、その大半を占めるモーター売上高は812億4千万円(前年同期比18.8%減)となっております。

営業利益につきましては、売価・プロダクトミックスの改善による増益要因はあったものの、販売数量の減少ならびに操業度低下に伴う単位当たり固定費負担の増加などの減益要因もあり、64億6千7百万円(前年同期比49.8%減)となりました。経常利益は、為替差損が増加したことなどにより58億3千9百万円(前年同期比61.1%減)、税金等調整前四半期純利益は、投資有価証券売却益の発生などもあり73億7千1百万円(前年同期比49.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は41億5千9百万円(前年同期比59.7%減)となりました。

通期の見通し

世界経済は、一部に回復の動きが見られるものの、新型コロナウイルス感染症拡大の第2波も懸念され、先行きに不透明感があります。米国経済は、消費に回復の兆しが見られるものの、持続性に懸念があります。欧州経済は、新規感染者数の再増加に伴い、行動制限等の規制が再び実施されることにより、経済活動の減速が懸念されます。我が国経済は、経済活動の再開に伴い改善が見込まれるものの、消費の回復ペースは鈍化しており、更なる成長には不透明感が残ります。新興国経済は、中国については景気刺激策により回復の持続が見込まれるものの、その他の新興国の回復度には強弱があり、全体として回復ペースは緩慢となる見通しです。

当社グループの関連市場におきましては、自動車電装機器市場は、北米、欧州及び中国の各市場における完成車メーカーの稼働は正常化に向かいつつあり、緩やかな回復が見込まれますが、世界の自動車生産台数は通期で大幅な減少が見込まれます。民生・業務機器市場は、欧州市場において減少幅の縮小が見込まれますが、その他の地域市場では大幅な減少が予想されます。

このような状況下、自動車電装機器及び民生・業務機器の両市場ともに第2四半期末にかけて大きく減速したものの、当第3四半期は回復傾向に転じました。これら最新の業績動向を踏まえ、2020年12月期の連結業績予想につきまして、売上高は1,130億円(前回発表予想に対し8.7%増)、営業利益は105億円(同26.5%増)、経常利益は103億円(同15.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は71億円(同42.0%増)へ、見直しをいたします。詳細につきましては、本日(2020年10月30日)公表いたしました「業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。

なお当期の期末配当につきましては、直近に公表した配当予想(2020年2月13日公表)から変更無く、1株当たり68円(普通配当15円、特別配当53円)の予想としております。既に配当予想通りに実施済みの中間配当67円(普通配当15円、特別配当52円)と合わせ、年間配当は1株当たり135円(普通配当30円、特別配当105円)としております。

今後、経営環境にきわめて重大な変化が生じた場合は、業績予想、配当予想ならびに自己株取得などの株主還元を適宜見直し、速やかに開示いたします。