ページ内を移動するためのリンクです

コンプライアンスの徹底

経営理念の実現にあたっては、各国の法規制を守ることはもちろんのこと、社会から求められる企業倫理に沿った活動を行うことが大前提であると考え、「マブチモーター倫理規範」を制定し、すべての役員・社員が守るべき法令等の社会ルールを具体的に示し、その浸透を図っております。

基本方針

各国・地域の各種法令・条例・規制などを遵守し、社会倫理に沿った事業活動を行うことを大前提とした「国際社会への貢献とその継続的拡大」の実現を目指します。

  • マブチグループのすべての役員・社員は、会社の利益や業務に優先して、会社所在 国 ・地域の法令・条例・規制および国際ルールを守ります。
  • また、お取引先様を始め、株主様・投資家様、地域社会など広範な利害関係者への責任を十分認識し、社会倫理に反する行動は厳に慎みます。
  • さらに、これら法規制・社会倫理の中でも特に注意を要する事項に関しては、規程類などに明確に記載し周知徹底を図ります。そして、すべての役員・社員は、これらを誠実に守ります。

I 事業活動

  1. 安全で優れた製品を提供し、お客様のご要望にすばやくお応えします
  2. お客様との契約を守り、お客様第一主義に徹した営業活動を行います
  3. お客様との信頼を覆す営業活動は行いません
  4. 公平・公正な取引関係に基づいて、必要な物品、役務を適切な品質、価格及び納期で調達します
  5. 環境保全の必要性・大切さを理解し、積極的に環境保全活動に取り組みます
  6. 関税、輸出入に関する法律を守り、適正な輸出入手続きを行います
  7. 特許法などの知的財産権に関する法令を守り、第三者の知的財産権を尊重します
  8. お取引先様の機密情報を守ります
  9. 競合先の情報を不正に入手したり、また競合先を誹謗中傷したりすることはしません
  10. 社会通念を超えるお取引先様との関係は持ちません

II 会社と個人

  1. 個人の基本的人権と多様な価値観、個性、プライバシーを尊重し、人種、宗教、性別、国籍、身体障害、年齢等に関する差別的言動、暴力行為、セクシャルハラスメント、いじめ等の人格を無視した行為は行いません。また、児童就労、強制労働は認めません
  2. 安全・衛生を優先します
  3. 社員の個人情報を守ります
  4. 会社資産を適切に保護管理します

III 会社情報

  1. 当社の機密情報を守ります
  2. 信頼性のある財務報告を行うとともに、会社の未公表の重要事実を不正使用しません(インサイダー取引の禁止)

IV 社会、地域とのかかわり

  1. 地域社会への貢献に努めます
  2. 法律を守り納税義務を果たします
  3. 違法な政治献金/贈賄は行いません
  4. 外国公務員に対しても違法な利益供与は行いません
  5. 暴力団等の反社会的勢力との関係は持ちません

コンプライアンス推進体制

マブチグループ全拠点に設置されたコンプライアンス担当役員は、本社の内部統制担当役員による統括の下、それぞれの拠点における責任者として、拠点内の内部統制の強化と自律的かつ継続的なコンプライアンス活動の推進に関する中心的な役割を担っています。内部監査部門は、これらコンプライアンスに関する業務遂行の不備などの継続的な是正・改善を目的として、マブチグループ全体のコンプライアンスに関するルールや手順の遵守状況、その他の倫理に反する行為について、定期・不定期に監査を行い、その結果を経営トップに報告しています。
また、マブチグループ全拠点において、必要とされるコンプライアンス教育活動を継続しており、今後も法規制及び社会規範の遵守に関する様々な説明会や研修を実施し、コンプライアンス経営の確立を目指していきます。

コンプライアンス体制

倫理規範ホットライン

コンプライアンスに関する情報の伝達や相談について、通常のルート(上司や組織部門の窓口など)とは別に、内部監査部門が管理する、匿名性が担保された「倫理規範ホットライン」を設置しています。マブチグループは、お取引先様とも日頃から誠実で公正なお取引と相互信頼関係の構築に努めており、問題発生の未然防止並びに拡大防止体制を強化するために、「倫理規範ホットライン」の対象範囲を社員のみならず、お取引先様の一部に拡大しています。また、公益通報者保護法を遵守し、相談者の不利益を発生させないことを約束するトップメッセージを発信しています。2022年6月には、公益通報者保護法の改正に伴い、経営者から独立した通報窓口の設置や相談者保護の強化等を行うために、外部機関が提供する内部通報受付サービスを導入しています。

個人情報の保護

当社は、個人情報の保護を遵守するため、社員の個人情報は厳重に管理し、業務上必要としていない社員や社外の第三者に社員の個人情報を開示しません。